小銭が財布に溜まらない様マイルールの元貯金箱に移す

公開日時 作成者 titi

買い物等で小銭を溜め込むのは財布の小銭入れをパンパンの状態にしてしまうだけでなく、無駄な出費を増やしてしまう事にさえ繋がりかねません。
なぜならその様な財布の状態を改善すべく、余計に買い物を重ねてしまうパターンが結構あるからです。

普段から貯金の癖を付けておくとこうした事態になっても小銭を減らそうと慌てふためく事もありませんし、そもそも小銭がある程度溜まる前に別途貯金する心掛けが出来ていれば、財布をパンパンにする様な事も自然と無くなるものです。

具体的には小銭の種類を分け貯金可能な貯金箱を自宅に設け、一定以上の数小銭が貯まったらそのうちの数枚を貯金箱に移す、というマイルールを作っておけば良いのです。

これなら不用意に紙幣を小銭にバラす事で貯金箱行きのお金を増やす事に抵抗感が生まれますから、より紙幣の状態でのお金の管理に慎重さが生まれますし、買い物の際のお金の計算もマメになります。

またその中でどうしても発生してしまった小銭をも一定量貯金箱に移す事により、財布に常にキャパ的な余裕が生まれてくるのです。

特に小銭の中でも最もサイズが大きく、金額も高い500円玉の貯金は大変効果的。
そう高い頻度で手に入らない小銭だけに、貯金へのハードルを低く設定しておけば、すぐにかなりの金額を貯金出来る様になるものです。