科学的根拠あり!?節電を意識して保冷材で暑い夏を乗り切れ!!

公開日時 作成者 titi

みなさん暑い夏をいかがお過ごしでしょうか。

梅雨も明け夏本番、熱中症にはなりたくないけどクーラーも使いたくない、でもでも節電をしたい!!

そんなワガママな考えをもつ私は画期的な!?方法で暑さをしのいでます。

それは、ケーキなどを買ったときにもらう小さな保冷材を首に巻きつけるというもの。

バンダナやスカーフなどで保冷材包み、ちょうど頸動脈にあたるような位置に調整して首に巻くだけ。

たったこれだけで涼しくなるんです。

というのも熱中症になったときの対応などでも知られていますが、首にある頸動脈を冷やすと体温が下がるんです。

これは身体の表面近くに流れる大きな血管=頸動脈を冷やすことで、全身を駆け巡っている血液が冷えるから。

普段おバカな私にしては、なんて科学的根拠のある方法なんでしょうか。

旦那はバカにしてくるので、誰かほめてください。笑。

ただし数時間で保冷材が溶けてしまうので、その都度保冷材を交換する必要があります。

家族4人がとっかえひっかえしているので、おかげで私の家の冷蔵庫は保冷材がいっぱい。

もちろん寝てる間は交換するなんてことが出来ないので、必ず起きている間だけにしてください。

そして暑さに弱い人はマネしないでクーラーを使って快適にお過ごしください。

以上、我が家の真夏の節電方法でした。