節約は我慢し過ぎないことがコツです

公開日時 作成者 titi

節約をしようと、体に少し負担がかかることをすることがあると思います。

例えば、電気代節約で暑いけれどエアコンも扇風機も使わずに我慢とか、安売りしているものだけで調理をして、毎食のメニューが代わり映えしないなど、確かに目に見えてお金の減りは少なくなりますが、落とし穴があることを知っておかないと損をします。

体に負担がかかる方法の節約は病気の元です。

病気になれば医療費で節約した以上のお金が飛んでいってしまいます。

そうならないためにも、ある程度節約したら、我慢し続けないことです。

夏なら、一番熱い時間帯だけエアコンを付けて、それ以外はアイスノンなどで我慢するなど、使う時間を数時間とするだけで電気代は変わってきます。

食品も安いものだけを狙うというよりも、見切り品を一つ買ったのなら、栄養価の高いものを一つ買うなど、全部を全部安くするのではなく、合計からいったら少し安くなる程度でもいいのです。

買い物の度にその月の節約金額は上がっていくので、今月は何円も節約できた、と思えればいいのです。

衝動買いなどは我慢しなければいけないのかもしれませんが、どうしても欲しいと思ったものも5回に1回は買ってしまうなど、ストレスを溜め過ぎないこともコツです。

我慢し過ぎると歯止めが効かなくなることがあるので、自分に甘い部分も残すのが快適に節約するコツです。